健康に美容に、さまざまな方面で注目されているローヤルゼリー。よく、はちみつのエキスと間違えられがちですが、働きバチが食べるはちみつとは、つくられる過程も成分も異なる別のものです。ローヤルゼリーはその名の通り「王の食べ物」。何万匹というミツバチ王国の中で、女王バチだけが食べることを許される特別メニューなのです。ローヤルゼリーがもたらす、女王バチと働きバチとの違い  ミツバチの社会は、一匹の女王バチ、何万匹というきバチ、そして繁殖期だけに生まれる少数の雄バチの3種で成り立っています。このうち雄バチだけは無精卵から生まれますが、女王バチと働きバチは有精卵から産まれ、孵化した後の三日間、同じようにローヤルゼリーを与えられます。それ以降は女王バチだけが引き続きローヤルゼリーを、働きバチ花粉やはちみつを食べるようになり、その結果、見た目も機能も驚くほどの違いが生じてくるのです。 まず、女王バチの大きさは働きバチの3〜5倍に成長し、寿命はなんと約40倍も長生きします。さらに、女王バチはたった1匹で、冬の厳寒期を除く毎日、自分の体重ほどの産卵を続けます。しかし働きバチのほう、輸卵管がケン(蜂針)に変化しているため、産卵能力がありません。同じ有精卵から生まれたにもかかわらず、女王バチと働きバチの間には、ローヤルゼリーによって、これほど大きな違いが生じてしますのです。  こうした神秘性を持つローヤルゼリーが、人間の健康を維持するものとしてブームとなったきっかけは、1954年のことでした。当時のローマ法王、ピオ12世が老衰のため危篤状態に陥った際、主治医がローヤルゼリーを投与したところ、奇跡的に生還。それ以来、不思議なパワーを持つローヤルゼリーは、世界中の生化学者の研究対象となりました。これまでに数多くの栄養成分が含まれていることは明らかにされましたが、ミツバチの産卵能力を左右するものをはじめとして、今なお明されていない成分もあり、それはローヤルゼリーの頭文字より「R物質」と呼ばれています。

新着ニュース