ガンの原因になったり、体内の器官を老化させていく張本人は『活性酸素』という、人体の細胞を酸化させ死滅させる酸素です。ビタミンCはこの活性酸素を消す、つまり、ガンの生成を抑え、細胞の老化を遅らせる作用があります。さらに、発ガン物質のニトロソアミンは魚類などに含まれるアミン類と、野菜類に含まれる亜硝酸基が反応してできますが、ビタミンCは亜硝酸基を分解して酸化チッ素にしてしまうことで、ニトロソアミンの生成を90%以上防ぐ上、ガンの特効薬のインターフェロンを増やすことなども分かっており、ガン予防に貢献します。

新着ニュース